対戦カード

レポート

入場

さてと、巫女対決じゃ…少し付き合ってもらうとするかのう
――いきなりこんな機会に恵まれるとは思いませんでした
せいぜい力を見せていただきますよ

試合開始

それでは、行くのじゃ。巫女対決を制する物はプロレスを制するのじゃ
…妖怪…下すべし
雫さんにボロ負けしたから落ち込んでんの。プークスクス

隙をついてのローブロー!AYANOの大事な場所をかちあげる!AYANO悶絶〜!これはレフェリー流した!軽く注意するにとどめている!
んっ…こそくなことを…
姑息などということはないのじゃ。全ては神々の導きじゃよ
神々は導きなどくだしませぬ。あなたのような方には…
固い奴じゃなぁ…全く

コーナーにダウンしたAYANOの顔につむぎの足の裏が近づけられる!蒸れた足裏での顔面ウォッシュは、威力も臭いも強烈か〜!
んっぷ…不浄な…っっっ
(くさっ)
一日スーツでいればこれくらいにはなると言うものじゃよ?
――レスラー…としてよりも人としてのたしなみがなっていないのでは
ひひっ、そんなことを気にする必要なんてないはずじゃがのう?

ここでパラダイスロックが炸裂〜!更につむぎがスパンキング〜!AYANOのお尻を叩いて真っ赤に染め上げていく〜!これはレフェリー流した!軽く注意するにとどめている!
どうじゃ、妖怪にお尻を叩かれる気分は〜!
不快ですね…実に…
なら、もっと不快な思いでもしてみるかえ?
――結構ですよ

AYANOのスリーパーホールド!そして……AYANO、耳元で何かささやいている!つむぎ見る見るうちに顔が赤くなっていく〜!
――まったく…どうしようもない妖怪ですね。素直に引退したらいかがですか?(囁)
……ほう? お主も年増じゃと、そう言いたいのかえ?
(事実じゃん)
あなたがそう思うのでしたら?
…なるほどのう?

コブラツイストだ〜!蛇の猛毒がつむぎの全身に回っていく〜!
ギブアップなさい…私は嬲るのは趣味ではありませんから
お主のようなひよっこに負けるわけにはいかんのう?
――(微笑)言われてしまいました
妾に本当に勝つつもりなら、本気で来るんじゃな

AYANO、ここでつむぎのバックを取って……ああっと!ここで股間へのバックキックが炸裂!AYANOたまらず悶絶です!しかしこれはレフェリー見ていた!厳しくチェックが入る!
股間がガラ空きじゃよ?
くぅっ…
どれ、可愛がってやるとするかのう?
流石一筋縄では参りませんね

ダウンしたAYANOに凶悪なフットスムーザー!蒸れた足裏に顔を覆われたAYANO、これは屈辱的だ〜!
んっ…むぐ、ぅっ…
ほ〜れ、どうじゃ? 臭いかえ?
――えぇ、とてもこれで…巫女を名乗られるのは心外というものです
ひひっ、巫女と言えどもそこは人間じゃよ? 妾は妖怪じゃがの

つむぎ、ここでAYANOのフェイスシットを誘う!戸惑いながらも顔を跨ぐAYANOの隙を突いて千年殺し〜!綺麗にお尻を貫かれた〜!これはレフェリー流した!軽く注意するにとどめている!
んんっ…卑怯なっ…
妾の顔に座ろうとするのが悪いんじゃよ?
座れと示したのはあなたでしょうが。往生際が悪いですね…やはり信用ならぬ…
…いや、仰向けにはなったが、座れとは一言も…お主の意思じゃろう?
妖怪の仕業です(きっぱり)
いや、お主、絶対顔面騎乗好きじゃろ?
…あなたは座られるのが好きだと見受けました
(若干引いてる)
…妾の尻の下で、巫女の性癖を暴露してやろうかのう?
――妖怪の身で何を言いますか…我が膝に屈しなさい

つむぎ、ここでシックスナイン首4の字固め!AYANOの大事なところを弄りながらの夢魔の強烈な一発!絞め技と恥辱と悪臭の悪夢に魘されながら、AYANO悶え続けています!しかしこれはレフェリー見ていた!厳しくチェックが入る!ああっとここでAYANO無念のギブアップ!必死に耐えましたがつむぎのリリム'sナイトメアはさすがに耐えられませんでした!

終了後

はいはい。ゴングゴング
んっ……ふっ、く…………(ビクビクッ)
ほれ、性癖言うまで嗅がせてやるぞえ?
痴れ者…っっっっ
反省が無いようじゃのう?(ここで一発)ほれ、仰向けの相手がいたらどうするのか、言ってみるんじゃな
くぅっ(顔を背け)……けほっ、流石妖怪。品も無いものと見える…っ(涙を目尻に浮かべて拳を握り)
妖怪に品など求められても、のう?(顔からどくと仰向けになって見せて)ほれ、やってみせい
(般若)師匠?
――は?
(ゴゴゴゴゴゴゴ)もう試合は終わってますよ
何じゃ、何を驚いておる。妾の顔に座ってみせい、と言ったまでじゃよ?
理解できぬ…。座れと言われて座る輩がいましょうか?(ズンッと顔を踏みつけ)…どうせ、私が座ろうとしたらまたこそくなマネをしようとしたのでしょう?(グリッグリッグリッと踏みにじり)
別に何もせぬよ? それとも、座るのが怖いのかえ?
もしあなたが真に座られたいと思っているのなら、素直に座ってやるのは興ざめというもの。――私は私の意思であなたを組み敷く。そういうことです」(足を退け)――今日は私の完敗ですね…
妾が座られたいと思うわけないじゃろう。まぁ、若い女子の尻を堪能するのは悪くないがの
馬脚を現しましたね(巫女服を身につけ)――では、またの再戦の期を(深々と礼をしてリングを折りる)
まったく・・・

試合後コメント

あ奴のボディを堪能する技、今回は受けられんかったのう。ま、妾のボディを思う存分堪能してくれたようじゃし、満足じゃよ
――実力は認めます。…しかし、倒せない相手ではないでしょう? あの妖怪に次はありません。失礼(深々と礼をして控え室に入っていく)(直後、ゴミ箱を蹴倒したような激しい物音)

タイムライン

リンク

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

どなたでも編集できます