対戦カード

レポート

入場

陽菜「お、珍しく大人しいね」
龍飛「(陽菜さんにガンを決めつつ、指で首を掻き切る仕草)」
陽菜「緊張してるのかなーまあ気軽にだよ?(体を動かしながら)」
龍飛「ヒールっぽく叩き潰してやる・・・(若干声が震えてる)」
陽菜「楽しみにしてるよ?」

試合開始



龍飛「ローブローで悶え苦しめ!・・・」
ボディブロー!筒隠のストマックに龍飛の拳がめり込む!スタミナを全部奪ってしまおうというのか〜?!
龍飛「ひっかかった!このまま押し切れれば(いいなぁ)」
陽菜「ほんとに来るかと思ったよ・・・」
パンチ一閃!容赦のない無慈悲な一撃が顔面を捉え筒隠ダウン〜!しかしこれはレフェリー見ていた!厳しくチェックが入る!
陽菜「痛い・・・顔まで来るのねぇ。これは意外だったわ・・・」
龍飛「あはははは、いい見栄えだねぇ」
マウントパンチの連打!顔面に容赦のない鉄槌を叩き込んでいく〜!これはレフェリー流した!軽く注意するにとどめている!
龍飛「オラオラオラオラ。このまま逝っちまいなぁっ!!」
陽菜「く・・・なんでさっきのが厳重注意でこれが軽い注意なのよ!!」
マウントパンチの連打!顔面に容赦のない鉄槌を叩き込んでいく〜!これはレフェリー流した!軽く注意するにとどめている!
陽菜「痛い、痛い!?レフェリーはどこみてるのよぉぉぉ!?」
龍飛「(馬乗り状態で)ええっと・・・・いや、このまま沈めるっ」
マウントパンチの連打!顔面に容赦のない鉄槌を叩き込む!筒隠されるがままに悶絶だ〜!しかしこれはレフェリー見ていた!厳しくチェックが入る!
陽菜「・・・う・・やっと注意入った・・・顔が痛い」
龍飛「も、もしかして・・・」
マウントパンチの連打!顔面に容赦のない鉄槌を叩き込む!筒隠されるがままに悶絶だ〜!しかしこれはレフェリー見ていた!厳しくチェックが入る!
龍飛「見てろよ、ベビーども。ベビートップクラスのこの無様な姿おおおおお」
陽菜「あーこれはだめかも・・・やっぱヒール相手はダメねぇ・・・」
ブルドッギングヘッドロック!猛牛を力がねじ伏せるが如く、筒隠をマットに叩きつける!そしてここでフォールしゴング!龍飛、ブルドッギングヘッドロックで筒隠を粉砕!実力の違いを見せつけました!

終了後

陽菜「・・・うん、まあこんなこともあるよね」
陽菜「さーてほかの人が何か言う前に・・私は退散退散」
龍飛「あ、あの。陽菜さん、ありがとうってのも変ですけど、ありがとうございました。(ぺこり)また、試合お願いします」
陽菜「あーうん。ありがとね翼ちゃん(手だけ振ってる)」
龍飛「(勝ち誇った笑みを控え室に繋がるモニターに向け、そして、そそくさと逃げるように退場)」

試合後コメント

龍飛「アハハハハ。まさか、奇襲口撃があんなに綺麗に決まるなんて思わなかった。次に陽菜さんとやるときは、最初から余裕見せないで本気で潰す気で来ると思いますけど、次も返り討ちにします!・・・なんか別の手考えておこう」
陽菜「いあ、油断したというかペース掴まれたといいますか。まあ私のミスということで・・あと顔が痛い。すごい痛いので・・これでいいですかね・・?(保冷剤当てながら)」

タイムライン


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

どなたでも編集できます