対戦カード

レポート

入場

ひより「うっし!こないだの鬱憤、ここで晴らすぞー!」(花道を駆け抜けて軽やかにリングに入場)
皐「今回も勝利はいただきます」静かに入場

試合開始

ひより「そう簡単にはやらないよっ!」(テンション高くファイティングポーズを構える)
皐「テンション高いね、私はそこまで慣れないなぁ・・」
ひより「やる気があれば何でもできる!ってね!」
皐「まあ、それはそうかもしれないけどね」
打点の高いドロップキック!空見高の両足が狐火の胸板に突き刺さり狐火ダウンだ〜!
ひより「まだエンジン暖まってないのかな?こっちはもう熱くなってるよ!」
皐「…痛い、というかあなたと同じようにすぐ暖まらないからね?」
ローリングソバット!狐火のどてっ腹に強烈なキックを浴びせていく〜!
ひより「そっちが上がらないなら勝手に上げるからね!」
皐「・・・あーもうちょこまかと・・・!」
裏拳炸裂〜!遠心力を活かした強烈な一撃が空見高の顔面直撃〜!空見高が糸の切れた操り人形のようにマットに崩れ落ちる〜!
皐「やっと当たった、さあ次は私の番で問題ないよね・・?」
ひより「んぶ・・・!!」(崩れ落ちる)
ひより「っつぅ・・・!そ、そうはできるかな・・・!」
皐「1発で倒れるくらいならほんと楽でいいんだど、そうはならないよねぇ・・」
強烈な後ろ回し蹴りが空見高のレバーにヒット!遠心力の加わった破壊力抜群の一撃に空見高悶絶〜!
ひより「−−−−−っ!!」(レバーを抑えて悶絶)
ひより「さ、すが・・・でも、まだやれるよ・・・!」
皐「さっきまでの元気な声はできないくらいになった…と思うけど・・まだ元気か」
ニーリフト!強烈な膝が空見高のストマックに襲いかかる!
ひより「つ、捕まえたよぉ・・・!さぁて、逃げられるかなっ!?」
皐「・・さあどっちが先に逃げれるかな・・・?」
レバーを抉る強烈なミドルキック!鍛えにくい脇腹への強烈な一撃に狐火たまらずダウン〜!
ひより「さあ、立てぇっ!!」
皐「つぁ・・・!?くそ・・・」
キチンシンク!強烈な膝が狐火のストマックを襲う!
ひより「のるかそるか・・・これで勝負だぁっ!!」
皐「つぅ・・・・!??!ま…負けるわけには・・・!」
水車落とし!狐火、空見高の身体を抱え上げそのまま後方に叩き落していく〜!そしてここでカウントが三つ入った〜!狐火、強烈な水車落としで空見高を下しました!

終了後

ひより「くぁ・・・・・・ま、けるかぁ・・・・・・!!」(フォールを返そうとしてもがくが、あえなく3カウントを聞く)
皐「3カウント・・入った・・ね・・?もう無理・・・限界・・」
ひより「っくぅ〜!まだ上を目指すには足りないかぁ・・・・・・でも、いい足場は見つかったかな・・・?」(体を起こして横で倒れている皐を見る)
皐「誰が足場よ…誰が・・・ほんと元気ねぇ・・・」
ひより「そうでなきゃ上なんて目指せないでしょ・・・手ごたえはあったし、次はいけるって思ってるよ・・・」(立ち上がって皐に手を伸ばす)
皐「なら・・・次も返り討ちにして下に落としてあげないとね?」その手を取りながら
ひより「ふっふっふ・・・・・・私はまだ2回変身を残している・・・ってのはうそだけど!結構いけると思うんだよね〜。今日は歓声持ってかれちゃったけど、次はこの歓声、私がもらうよ」(しっかり握手をして猫のように笑う)
皐「・・・そのセリフ負けフラグて知ってる?まあ歓声は常に私のものだから譲らないよ?」
ひより「上等!そうこなきゃね!・・・って、次のアナウンスそろそろ始めないと・・・じゃまったね〜!」(コーナーに置いておいたマイクをとってアナウンス席へ)
皐「・・・ほんと仕事熱心だね・・」足早に退場

試合後コメント

ひより「えー、狐火皐との手に汗握る対戦は紙一重で負けちゃいましたが次はそう行きません!快勝して見せるのでリベンジお楽しみください〜!では、続いて本日のメインイベントのアナウンスを務めさせていただきますね〜!」(放送席を乗っ取ってリンコス姿のまま放送)
皐「紙一重の勝利ですね・・・次も勝ちたいけど、どのみち厳しい道のりかな・・?」

タイムライン


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます