対戦カード

レポート

入場

弥生「――(いつもと違い、黙ったままゆっくりとリングへと歩いて行く)」
雫「さあ、挑戦者らしく行かせてもらうわよ!」(前回のタッグマッチで不覚を取った弥生を相手に表情を引き締めて入場)
弥生「まだ敵うなんて思っていないけれど…私の今の力、受け止めてください!」
雫「ええ、弥生ちゃん・・・いいえ、弥生!貴女にも私の全力を受け止めてもらうわよ!」(ファイティングポーズを構える)

試合開始

弥生「勿論です! 行きますっ!」
雫「行くわよっ!!」
弥生の身体が宙を舞う!全体重を預け月嶋をなぎ倒す!
弥生「雫ぅぅーっっ!!!(吠えながら全身をぶつけていき)」
雫「そうこなくちゃ!・・・今度はこっちがぶつかる番よ!!」
弥生「…ほら、次…行くわよっ!」
ヒップアタック!月嶋の身体が宙を舞うが弥生うまくすかした!無人のマットに月嶋が落下だ〜!
弥生「(迫ってくる雫をかわし)…凄い迫力…(トップレスラーと1対1で対峙するプレッシャーに汗を垂らし)でも…私だって負けないっ!」
雫「くぅ・・・!どこまで逃げ回れるかしらねっ!!」
強烈なラリアット〜!恐怖の右腕が月嶋の喉笛に炸裂し吹っ飛ばされた〜!
弥生「逃げる…? 逃げなんかしないわよっ!!(喉元に腕を叩き付け叫び)」
雫「なら、どっちが先に立ち上がれなくなるかの勝負ね!」
弥生「全部…受けきってやるわ!」
ニールキック!月嶋の身体が宙を舞うが弥生うまくすかした!無人のマットに月嶋が落下だ〜!
雫「腰が引けてるわよ!ぶつかってくる気概が足りないんじゃないかしら!?」
弥生「っっ…じゃあ、これでどうっ!?(睨み返し)」
強烈なベアハッグ!凶暴な熊に捕えられた月嶋の身体が左右に揺すられる!このまま餌にされてしまうのか?!
弥生「こ・れ・な・ら・どうっ? 雫…っ…ギブッ!?」(両腕で締め上げながら睨み付け)
雫「こんなもので・・・!ギブなんてするかぁっ!!」
弥生「流石に…強い。…でも、あたしだって…簡単にやられたりなんかしないんだから」
弥生の身体が宙を舞う!全体重を預け月嶋をなぎ倒す!
弥生「っ…これなら…どうだぁっ!?(勢いをつけて雫にのし掛かり)」
雫「舐めるなぁっ!!私を倒したいならもっと気合い入れて抑えなさいっ!!」(カウントが入る前にフォールを振りほどく)
雫「この程度が全力なら・・・そろそろこちらも行くわよ!」
弥生「(カウント前にフォールを返され汗を拭い)…そうよね。…まだあたしの全力はこんなもんじゃないわよっ!」
ムーンサルトプレス!月嶋の身体が綺麗な弧を描いて弥生の身体に降り注ぐ!
雫「さあ、立てぇっ!!」
弥生「が、ぁっ……!?(勢いの付いたプレスに押し潰されて息を吐き出し)ま…まだまだぁっ(髪を掴む手を握り返し)」
強烈なバックブリーカー炸裂〜!月嶋の身体がくの字に折り曲げられ揺すられていく!このまま真っ二つにしてしまうのか〜?!ああっとここで月嶋無念のギブアップ!必死に耐えましたが弥生のアルゼンチンバックブリーカーはさすがに耐えられませんでした!

終了後

雫「ぐ・・・ぅぅ・・・・・・ギ、ブゥ・・・・・・!」(背骨をきしませる激痛についにギブアップ)
弥生「はぁっ…はぁっ…どう、だぁっ!!!(周りの音が聞こえずに必死でバックブリーカーを極め続けるのをレフェリーが引き剥がし)……………ぇ?」
雫「・・・・・・・・・・・・ふう、ほら立って。私に勝ったんだから、勝者らしく喜びなさい」(背骨の痛みを顔には出さず、立ち上がって弥生の背中をはたく)
弥生「…ぇ? …ぁ、はい、ありがとうございます(どこか他人事のような表情で、雫に言われるままに立ち上がって)…あの……ありがとうございました(深々と頭を下げ)」
雫「どういたしまして。・・・・・・次に対戦するときは名実ともにチャレンジャーになるわね。それじゃ、また・・・」(にこりと笑い、リングを後にする。)
弥生「(リングを降りていく雫の背中に頭を下げ、観客席に礼をしてリングを降り)…………………(通路まで歩いたところでへたり込んで体を抱える)」

試合後コメント

タイムライン


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

どなたでも編集できます